ロレックスのオーバーホールを行う理由

ロレックスのオーバーホールを行う理由

ロレックスのオーバーホールを行う理由 ロレックスの時計は壊れにくいという評判があり、防水性、耐久性などが一般的な時計よりも優れているものです。
しかし、それでもオーバーホールを行う必要がないというわけではないのです。
たとえ耐久性の高い部品を使っているとは言え、内部では確実に摩耗が進行しているので、外見上は問題なく動いているように見えても実際に何か不具合が発生してからでは通常のオーバーホールでは対応できないほどのダメージがある場合があるのです。
ロレックスに代表される機械式腕時計は3~4年に一度はそのようなメンテナンスを行うことが前提とされています。
その理由は大きく分けて五つあります。
一つ目には外見上判断できない内部の故障や部品の損傷がないかをチェックすることがあげられます。
消耗しているパーツがあった場合には子関することで未然に大きな破損事故を防ぐことができるようになります。
また、内部洗浄とオイル交換をすることができるというのもその理由の一つとして挙げられます。
オイルが古くなると粘度が増してしまい、パーツ同士の摩擦により発生する金属粉と混じりさらに劣化してしまいます。
気密性や精度をテストすることもできます。
もちろん、汚れなどを除去することもできるので外観を新品に近づけることができることも大切な理由としてあげられるでしょう。
このようなことから、ロレックスのオーバーホールは時計を長く使い続けるために必要なことなのです。

ロレックスをオーバーホールせずに使い続けるとどうなるか?

ロレックスをオーバーホールせずに使い続けるとどうなるか? ロレックスは全世界で愛されている有名な老舗時計店の時計です。
モデルも飽きのこないスタンダードなものから、デイトナ、エクスプローラー、サブマリーナなど、使用用途を考え、耐久性を兼ね備えた素晴らしいモデルもあります。
精密に作られた時計はムーヴメントの響きも芸術的です。
物体にはその品質を維持するためにメンテナンスが必要です。
ロレックスも例外ではありません。
分解清掃や洗浄、部品交換、外装を磨き直してもらうオーバーホールは5年に1回は行った方が、永く使用でしますし、愛着もわいてきます。
オーバーホールをせずに使い続けると、さまざまなトラブルが出てきます。
空気中には目に見えないホコリがたくさん漂っています。
このホコリが堆積しキレイ見える時計でも実は結構汚れているのです。
また、人間は汗をかきます。
肌に密着しているバンドや裏蓋、リューズ部にも汗が付着します。
ホコリに汗が付着することで時計を侵食する環境ができてしまうのです。
このまま掃除をせずに使い続けると、錆の発生、腐食により、部品が外れたり、動かなくなったりのトラブルにつながります。
一生の一点ものとして永く使い続けられるように、定期的なオーバーホールを行いましょう。

おすすめ腕時計修理の関連リンク

高級腕時計を販売・修理して20年、さまざまな状況に対応できる知識がある専門店です。

ロレックスのオーバーホールなら

「ロレックス 防水」
に関連するツイート
Twitter